TA2MIST

by TA2MI

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      £5.50 GBP  or more

     

1.
2.
3.
06:00
4.
5.
04:05
6.
03:06
7.
8.
9.
10.
11.

about

質問1家と呼べる場所ホームと思ってるところはどこ?
A1、答え
称讃寺、実家
他の土地に住もうとも、何処へ行こうとも、産まれ、育った、この家が1番の安らぎ、心の落ち着きを与えてくれる。

Q1 This is the place I call home...
1. The home which I was born and grew up is the most comfortable place for me. It always makes me comfortable and relaxed whenever I come back from other places. There is no place like home.

質問2鏡を覗いてみた時に見えるもの、鏡を見たら何を見る?
A2、答え
鏡を見て、まず見えるものは、自分の目に映る物理的な形、姿。
眠そうな目、剃り残しのヒゲ、顔色、など。
しかし、それを超えて、自分自身の内面的な所と向き合い、自問自答すると鏡に映る自分の物理的な形、姿ではない所が見える。

Q2 When I look in the mirror this is what is seen...
2. the first thing I would be able to see when I look at myself in a mirror is only my visible part of myself. For example, my sleepy face, unshaved beards, my facial coloure and so on. However, when I look at my eyes and talk to myself through the mirror I get to see my invisible part. It tells me what I think in mind.

質問3もし私自身がこの身体じゃないならば、実際はさらに深い物語がこの内側にある。私がこの体じゃなかったら、中の、より深い話は何だろう?(自分がこういう肉体じゃなかったら、どういうスピリチュアルなものだろうか、)
A3、答え
肉体がないとして分かりやすく表現すると、世の中でいうスピリチュアルな事と似た捉え方?をいうと、仏の世界に生まれ変わり、仏として世の中へ舞い戻り、世の中の人々、命ある全ての生き物を見守り助け、救い、安らぎを与える仏となっているであろう。

Q3 But if I am, in fact, not this body, here is the deeper story that lives within…
3. If me, myself without my body, there would be sort of same idea of spiritual. I would go back to become a buddha and take care of living creater/mice and men(あるとあらゆる生き物)

質問4それはつまり本当にスピリチュアルで文化的(教養的)な革命がこの中で始まっている。したがって、本当の精神的、文化的の革命の原点は?
A4、答え
本当の精神的、文化的の革命の原点は人間を救うためにある宗教的な事が関係すると感じる。生きてるうちにある苦しみ、死への恐怖心、死んだ後どうなるのかの不安感。人それぞれ救いを求める宗教の考えがあり、その時代や環境で様々ではあるが、ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、仏教に大抵の人々の文化的革命的な原点があると思う。ここで勘違いをしてはいけないのが、どんな理由があっても命を傷つけたり奪う事は例え時代や環境が変わったきっかけや革命的になったとしても正当化してはいけない。争い、命の奪い合い、戦争など。自分はたまたま仏教に出会いました。

Q4 Which means the true spiritual and cultural revolution begins here...
4. the true spiritual and cultural revolution of any religion are meant to help people from any negativities in their life. Any religion is supposed to give a hand to people who have a fear of death and any negativities in their life. There are many religions in this world such as Muslims, Buddhists, Christians and so on. And also there are different ideas depends on their religion. However, I believe that there should not be any sectarian strife(宗派の争い) because any religions are meant to help and protect people. Therefore there should not be an idea of justifying any cultural revolutions.

質問5どこで完全な愛や、そのようなものを認識出来るのか?完全の「愛」はどこだろう?
A5、答え
悟りに到達が出来ない今の世の中の人々。精神的にも肉体的にも自力で苦行しても限界がある。しかし念仏してマジメに取り組んでいれば、阿弥陀如来は全てを愛で包み込み救ってくれる。その事と似ているように、血がつながっていようが、いまいが自分を犠牲にしても他人の事を深く思いやり、行動していれば本当の愛が目の前に見えて、さらに世の中、全ての命あるものを 心のそこから 思いやれば、完全な愛に包まれる。
完全な愛は考え方で近くにも遠くにも感じるが、自分の1番近くにある。

Q5 Where one can recognize total love, like this...
5. This world has became such a place where people are unable to attain spiritual enlightenment(精神的な悟り). However, if you sincerely work on Nenbutsu, I am sure that Amidabutsu will protect you, take care of you and love you. Similar to this idea, even it's not related by blood if you treat other people or any living creater as if you treat your love one then you would feel being surrounded by lots of love in your life. There are many people who are struggled to find love. The truth is that you can find love by loving someone or something. There is total love just right in front of you.

質問6完全な喜びや、そのようなもの
完全の「喜び」は何だろう?
A6、答え
少し5の答えに似ているが、自分を犠牲にしても他人の事を深く思いやり、行動する事で本当の喜びにつながる。逆に自分を深く思いやる気持ちも喜びにつながる。よって、完全な喜びは、生き物全て、自分の周りの環境、世の中にある全ての事やモノ、物や道具、何事にも感謝する事で完全な喜びにつながる。

Q6 And total joy, like this...
6. Similar to the question 5, The easiest way of finding total joy is to appreciate anything around you. You will be full of joys by appreciating. Also, be considerate to others. the real joy comes with someone's appreciation that makes you feel special and meaningful. At the same time, taking care of yourself is also a way to find your joy.

質問7他者と呼ばれているものの中に私が見る神聖なもの、他人の中で観れる神様は何だろう?(?)
A7、答え
見かた捉え方によって全ての神様や仏様が他人の中で観えるようになる。いつも明るく元気に感じる人は太陽のように、周りも明るく元気にすると思える。それを太陽の神と見る事が出来る人もいる。また人を騙して他人を犠牲にしてまで自己中心な欲望にまみれた人を見ると悪魔に感じる。自分を犠牲にしてまで他人のために行動している人を見ると仏に感じる。良いお手本にも、悪いお手本にも感じる。日本では、反面教師という言葉がある。見かた捉え方で全ての人の中に神様、仏様、さらには悪魔のような姿も観える。

Q7 Here is the divine I see in so-called “others”...
7. You would get to see different divine in each person. For example, if someone is very cheerful and always smiling then you would see the person as a god of sun. On the other hand, someone who is selfish, arrogant, liar, then you would see the perosn as a devil. There is a word in Japanese called "Hanmenkyoushi" which means you think of yourself as an example of how not to behave. There are both a good moral and a bad moral. It depends on you how you take things and how you look at other other people around you.

質問8この全世界が気づきの為の遊び場でこれらのことが含まれるとしたら…全てのこの世は悟りを開くばしょだったら、、、
A8、答え
人間は悟りの境地にいく為に、精神的修行、肉体的修行して自分の力、自力で悟りの境地にいく様にする。そのことは時間もかかるし、環境や今の時代では中々難しい。しかし阿弥陀如来は、念仏を唱え、日々精進すれば必ず救ってくれるという。修行や悟りに自分の力だけでは限界がある。念仏を唱え日々精進すれば人間の限界の先を助けてくれる、阿弥陀如来の必ず救う力、他力本願によって、どんな人間も救ってくれる。だから日々精進し、亡くなった人や先祖に感謝し、南無阿弥陀仏と念仏を唱えて、心の安らぎを得よ。

Q8 If the entire world is a playground for awakening, then even this is included...
8. It takes some time when people want to attain enlightenment. They would need not only mental training but also physical training to find hidden part of themselves. Although there might be a limit for a spiritual awakening(悟り) and errantry(修行) Amidabutsu nyorai would help you to break a limit if you sincerely work on Nenbutsu everyday. Appreciate your ancestors(先祖) and deceased loved one(最愛の人).

質問9全てのモノと統一してるからこそ、これは面白い思いーーーーー
全体の中の1つ(の生命?)として、そういう事について考えるとしたら面白い。
A9、答え
私は普段、日本の僧侶として日々、生活している。世の中や一般的に言われることは、僧侶だから仏と近い存在と思われがちだが、私が話す事、お経を唱える事は、全て、仏、阿弥陀如来の教えが私のクチを通して代弁しているだけで、仏の教えを話せばお説法になり、
仏、阿弥陀如来の教えを私のクチを通して代弁し唱えれば、お経になる。
一般的に言われる様な僧侶としての役割、存在以前に、私は人間であり、仏、阿弥陀如来から見れば、人間も獣も虫も、、、生き物全て愛おしく、平等なのである。
そう考えると自分の悩みが小さく見え、1人の人間としてきちんと見守られめられながらも小さくちっぽけな存在と思うとそれは面白い。

Q9 Being one with everything, it’s funny to think about this…
9. People often say to me that I live close to Hotoke. However things I talk to people or read the sutras just come from my mouth. It is more like I read and recite the sutras on be half of Amidabutsunyorai. More over, for Amidabutsu, I am also a human and any living creater is meant to be alive equally. From the point of view of Amidabutsu, my worries can be nothing in a good way.

質問10世界のために捧げる神聖なメッセージがあるとすれば…世界中の皆に伝える一つの聖なる伝言があれば何だろう?
A10、答え
南無阿弥陀仏

Q10 If I had one sacred message for the world, here it is…
10.NAMOAMIDABUTSU



-----------------------------------------------------------------------------

with thanks to Michael Richardson / Globalish for the questions.

credits

released November 19, 2015

tags

license